五木寛之の「他力」から

21 五木寛之の「他力」からーー「非常時」を生き抜く

  ・・・・・・私達が今目の前にしている世界は、国家と社会の危機だけではありません。私達は、誰もが、「精神的、または心理的に重大な危機」に直面しているという実感を抱いて生きているはずですから。「透明な存在である自分」という言葉に衝撃を覚えるのは、自分の命そのものの確かな質量感、手ごたえを私達が失い掛けているからだと言えるかもしれません。
  自殺、離婚、自己破産、失業、犯罪、汚職、そう言った事件の右肩上りの増加ぶりは、現在が私たちの「魂の非常時」であることをはっきりと示しています。つまり私たちは今、外側からも、内側からも正に二重の「非常時」に直面しているというべきかもしれません。
  ・・・・・・
by tianshu | 2006-07-27 01:24 | 名文からの一日一句
<< 百年前的育儿经 五木寛之の「他力」から >>