<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1、日本語の勉強    子供用のビデオから

1、日本語の勉強    子供用のビデオから

ぼくは、とことこあるく
----我蹦蹦跳跳地 走?
お父さんは、すたすた歩く
----父亲目不斜视地 走?
花嫁さんは、しずしず歩く
----新娘悄然无声地 走
仕事をするときは、つかつか歩く
----工作时精神抖擞地 走?
お相撲さんは のしのし歩く
----大力士威风凛凛地 走?
赤ちゃんは よちよち歩く
----婴儿摇摇晃晃地 学步
[PR]
by tianshu | 2006-01-25 19:37 | 絵本のお言葉

会话

A:前几天下了今年的第一场大雪,风景看起来是不错,但是出门的时候很不方便。

B:是的。特别是从这里的窗户望出去,真的很美丽。下雪那天我去了横滨,那天太冷了!

A:是吗!那天我也去了横滨。

B:太巧了!那天我是去参加股票投资说明会。你去干什么呢?

A:我也是去参加一个聚会。说是聚会,实际上是饮酒会。

B:你会喝酒吗?

A:我不会喝酒,但是我在喝酒的人当中坐着也很高兴。我和朋友们一起吃菜。还有,我看着别人喝酒的样子也很高兴。

B:自己也会喝酒的话,会更高兴。

A:你说得对。我没有喝酒的习惯,但是不喝酒的话也是很高兴的。

B:你喝酒的话,头会痛吗?

A:对,会头痛,并且全身发烧,脸色变红。好像全身马上就要爆炸一样。

B:那说明你的身体对酒精反应很强烈。是不是遗传。

A:我想不是遗传。我父亲在世时很喜欢喝酒,我母亲也能喝一点。还有,我的兄弟姐妹都喜欢喝酒。

B:那么,你不是不能喝酒,而是还没有习惯喝酒。
[PR]
by tianshu | 2006-01-25 19:28 | 中級作文(一部分公開)

会话

              关于学习方法
A:我最近打不起精神来。
B:为什么?
A:我学汉语学了五年,但一点儿也没有进步。
B:是吗?现在我们的老师在这里,这样说不太好吧。
A:我不是那个意思。我想说的是:我真笨。
B:如果你说的是这个意思的话,我也一样。
A:我们是想努力学习,但是我们的汉语进步很慢。原因是我们已经上了年纪。
B:是的。努力还算努力,但是记忆力变得很差。

C:我认为,学习语言不仅仅是靠记忆力,特别是学习了四五年以后。现在对你们来说,最重要的是考虑学习方法。
  比如,做笔记的时候,是不是一边写一边读呢?做好以后是不是经常翻看呢?听汉语录音的时候,是不是一边听一边跟着重复呢?写作文的时候,是不是没有把握的单词也敢大胆地用呢?

(((有一句话,叫“书读百遍,其意自现。”就是说,文章中不太理解的部分,读很多遍的话,那意义自然而然就会明白。还有一句话叫“温故而知新”,复习学过的内容识会使人受到启发,继而会掌握到新的知识。
  听力不好不一定是听得太少的缘故。听,自己也跟着重复,既练习了发音又加深了印象,这才是最重要的。但是很多人都是闭着嘴听,好像是明白了,但是没有什么效果。
  还有作文。用最简单的话说,叫做“有话则长无话则短”。想到什么就写什么。至于用词造句的方法,不是一天两天就能学会的,学习汉语达到了一定的水平后,最好不要用查字典的方法来拼凑词句,而是用记忆中的单词。就是对一些不太有信心的单词,也可以用上去。写作文不能怕错,错误越多学习到的东西就越多。)))
[PR]
by tianshu | 2006-01-22 15:18 | 中級作文(一部分公開)

日本語の勉強          (中国のブログから) tianshu

川の流れのように  作詞:秋元康  作曲:見岳章

不知什么时候,你走来,流过这又细又长的小道,
若回首眺望,遥遥无际, 却望见故乡。
那小道凹凸不平,蜿蜒曲折  却不寒冷,就像人生。

啊~~~ 川流不息  漫漫地流淌 时光飞逝
啊~~~ 川流不息  永不止步  天空啊留下的只有夕阳的黄昏

生活着,旅行着,  在这条小道边终结,  爱人带领着我  去探询我俩的梦
雨水的降临滋润了小路  晴天总有一天会来到

啊~~~ 川流不息  平静地流淌  多么想依偎着她的身体
啊~~~ 川流不息  等待冰雪融化,却要离去。
啊~~~ 川流不息  平静地流淌  多么想依偎着她的身体
啊~~~ 川流不息  到什么时候  能倾听蓝蓝浅溪的流水声

知らず知らず 歩いてきた  細く長い この道  
振り返れば 遥か遠く  故郷(ふるさと)が見える
でこぼこ道や 曲がりくねった道  地図さえない それもまた人生

ああ 川の流れのように ゆるやかに  いくつも 時代は過ぎて
ああ 川の流れのように とめどなく  空が黄昏(たそがれ)に 染まるだけ

生きることは 旅すること 終わりのない この道  愛する人 そばに連れて
夢 探しながら  雨に降られて ぬかるんだ道でも  いつかは また 晴れる日が来るから

ああ 川の流れのように おだやかに  この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように 移り行く  季節 雪どけを待ちながら
ああ 川の流れのように おだやかに  この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように いつまでも  青いせせらぎを 聞きながら
[PR]
by tianshu | 2006-01-19 21:19 | どこでもお勉強

<<送別>>と「旅愁」          

<<送別>> (中国の映画「城南旧事」から)

       作曲:J.P.Ordway 
作詞:李叔同

长亭外,古道边,
芳草碧连天。
晚风拂柳笛声残,
夕阳山外山。
天之涯,地之角,
知交半零落,
一斛浊酒尽余欢,
今宵别梦寒。

长亭外,古道边,
芳草碧连天。
问君此去几时回,
来时莫徘徊。
天之涯,地之角,
知交半零落。
人生难得是欢聚,
惟有别离多。


     「旅愁」 
         J.P.Ordway 作曲
         犬童球溪 作詞


更けゆく秋の夜 旅の空の
わびしき思いに ひとり悩む
恋しやふるさと なつかし父母
夢路にたどるは 故郷の家路
更けゆく秋の夜 旅の空の
わびしき思いに ひとり悩む

  窓うつ嵐に 夢もやぶれ
  遙けきかなたに 心まよう
  恋しやふるさと なつかし父母
  思いに浮かぶは 杜のこずえ
  窓うつ嵐に 夢もやぶれ
  遙けきかなたに 心まよう
[PR]
by tianshu | 2006-01-19 21:10 | 中国語で歌う童謡

日本語の勉強    (友達のブログから)     tianshu

競馬にはまって将来を棒にふりました
ーーーーー因为迷上了赛马把自己的将来都搭进去了
-----因为迷上赛马而断送了人生

「天知る地知る君知る我知る」
ーーーーー天知地知你知我知

「壁に耳あり障子に目あり」
ーーーーー隔墙有耳

「天網恢々粗にしてもらさず」
ーーーーー天网恢恢疏而不漏

コンプレックス
ーーーーー自卑感

そのために腰の引けた中途半端な報道になることもあるようです。
ーーーーー因为不负责任的态度致使报道中途夭折
[PR]
by tianshu | 2006-01-19 00:20 | どこでもお勉強

中国語と日本語     (授業から)     tianshu

1 他不太喜欢她,但是又不好意思告诉她。
-----彼は彼女のことが余り好きではありません。けれども、彼女には言いにくいと思っています。

説明:こちらの{但是}が必要です。
普通の思考回路でいうと、「彼は彼女のことが好きではないので、彼女と恋人関係で付き合いません」。
でも、事実は、「彼は彼女のことがあまりすきではないです。けれども、(彼女と付き合っています。なぜならば、)彼女に言いにくいからです。」

「好きではない、だから言いにくい」というふうに理解してしまってのは、
-----「彼は彼女のことがあまりすきではないです。けれども、(直接に言えば彼女を傷つけてしまうと思っています、だから)彼女に言いにくいのです。」

中国語「隠れ味」と日本語の「隠れ味」はちょっと違いますね。



2 她感冒了,但是又不好意思请假。

彼女は風邪を引きました。けれども、休みたいとは言いにくいのです。
(風邪を引いているから、休むべきです。けれども、訳があって言いにくいです。)
2番の例文はわかりやすいですね。
[PR]
by tianshu | 2006-01-18 18:32 | 中国(語)質問など

日本語の勉強    カレンダーから       tianshu

1 好きなのだから仕様がないという嗄(siwaga)れた呟きが、私の思想の全部であった。
ーーーー嘶哑的嘟囔
2 道のだらだら坂(ざか)
ーーーー慢坡

3 妻があり、子があり、世間があり、師弟の関係があればこそ敢えて烈しい恋に落ちなかったが、語り合う胸の轟(とどろき)、相見る(あいみる)目の光、その底には確かに凄(すさ)まじい暴風(あらし)が潜んでいたのである。
ーーーー两人对视时的目光
4 ひょろひょろと風に揺られ
-------随风悠悠荡荡地摇晃

5 夕暮れの空は 薄黄色を含んだ濁った色に 曇って、ペンで描いたような裸の梢の間から 青磁色(せいじいろ)をした五重の塔の屋根 が現われていた
----〉空は曇って、屋根 が現われ。
-----傍晚的天空隐含着淡黄色的模模糊糊的云彩笼罩着,像是工笔画画出来似的裸露着的树梢间,可以看得见五重塔的尖顶。

6 外は薄暗(はくあん)の力が端から端へと物を消していった。
-----夜色毫不犹豫地带走光明,使大地上的所有事物不断地隐身于黑暗之中

7 目を押さえている子供の手を恐る恐ると取り除けて見ました。
-----战战兢兢(jing)地

8 昨夜のうちに、真っ白な雪がどっさり降ったのです
-----铺天盖地地降下来

9 お前はグリップの前で、指を出したり、顔を顰めたり、独り言(ひとりごと)を呟いたり、癇癪(かんしゃく)を起こして二つの拳(こぶし)を震わせたりしていたじゃないか!
-----你在谷利普的面前,又是指手画脚,又是一脸苦相,一会儿唉声叹气,一会儿挥舞着拳头暴跳如雷,难道不是事实吗?!

10 腰を抜かす
-----吓呆了,受了惊吓,瘫软,站不起来
[PR]
by tianshu | 2006-01-17 18:06 | どこでもお勉強

日本語の勉強    カレンダーや友達のブログから       tianshu

1 洞(ほら)穴(あな)  ,洞窟(どうくつ)
2 お馴染みの婆や、お馴染みの店、顔なじみ、幼馴染(おさななじみ)
----青梅竹马
3 遮二無二、 切羽詰った、 のそのそと、
----不顾一切地
----迫不得已
----慢吞吞地
4 からかい半分に言った
----半开玩笑地说
5 聞く端から忘れる・・・・・・横文字・・・・・騙されずに済む
----这边听了那边就忘
----外来语
----不至于上当受骗
6 ・・・・・記憶にないです。 ・・・・・・と記憶しています。(書き言葉)

7 ・・・・・・それにしても、見切りをつけないでそのヤブ医者に通い続けていたら、ご主人は失明していたでしょう。
ーーーー見切る⇒断念
----庸医
・・・・・・早めにセカンドオピニオンを求める勇気を持つことは、人生を左右する大切なことなのかもしれないと思ったことでした。
----second opinion⇒別の医者の意見、診察の意味です。
・・・・・・部屋がホコリっぽいので空気清浄の目的で買ったと、全く親に似てズボラな子です。
----馬虎
8 チビちゃんーーーーー小不点児(小さい子に対する可愛い呼び方)
[PR]
by tianshu | 2006-01-16 01:13 | どこでもお勉強

日本語の勉強    カレンダーから       tianshu

1 フロックは手巾(ハンカチ)を出して、ようもない顔を拭いた
----没事找事地擦擦脸
2 これは黒い羽織に黒い紋付きを着て、極めて旧式に極まっている。
----简直像是从古画中走出来的人物*(tianshu的想象)
3 百歩を隔(へだ)てて柳葉(りゅうよう)を射るに百発百中するという達人だそうである。
----百步穿柳
4 眼とすれすれにまねきが忙しく上下往来(上下おうらい)するのをじっと瞬かずに見つめていようという工夫である。
----织机紧贴着颜面上下来回穿梭
----眼睛一眨也不眨地盯着
5 足は、まるでよぼよぼで、一間も歩けません。
----步履蹒跚
6 よだかに会うと、さもさもいやそうに、しんねりと目をつぶりながら、首をそっぽへ向けるのでした。
----好像
----一言不发地
----把头扭过去
7 本当に、鳥の仲間の面汚しだよ
----丢尽了(我们鸟类的)脸
8 一人でぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。
----悠闲地踱(duo)步
9 この極楽の蓮池の下は、ちょうど地獄(じごく)にあたっておりますから、水晶のような水を透き徹して、さんずの河や針の山の景色が、ちょうど覗きメガネを見るように、はっきりと見えるのでございます。
----望远镜?
10 池のふちに お佇み(たたずみ)になって
----池边
11 葉っぱのふち
ーーーー叶子的边缘
[PR]
by tianshu | 2006-01-16 00:33 | どこでもお勉強