北京ダック

北京ダック

300年の歴史を持つ『北京ダック』は、中国の伝統的な名物料理である。
 『北京ダック』の作り方は主に二種類がありますーー「掛炉烤鴨」と「燜炉烤鴨」。今北京では、もっとも売れているのは「掛炉烤鴨」である。特別なかまどの中にアヒルを吊って、果物の木を燃やして焼き上がります。果物の香りとアヒルの独特のうまみ、皮のパリパリ感とお肉の柔らかさはがアヒルの独特の風味を引き出します。
  沢山ある掛炉烤鴨店の中で、もっとも有名なのは「全聚徳」です。    
『北京ダック』食べ方には特別なこだわりがあります。コックさんは焼きあげたダックの肉を皮ごとに削いでおき、お皿に並びます。
アヒルの骨を残し、スープに使います。食べるとき、特製のお餅を一枚を手に持って、削ってもらったお肉を甘い味噌に付けた後、お餅の上に載せ、白髪葱をくわえ、最後に包んで食べるのです。こういう方法で食べると、穀物の香ばしさに美味しいアヒル、ねぎの香りに味噌のうまみ、大変評判の良い一品です。北京ダックを食べた後、骨で作ったスープも飲んで、全身全体が心地よくなります。
北京ダックは脂っぽいので、食後のデザートに果物は欠かせません。例えば、梨や桃など、もっとも理想的なのは西瓜です。
  お肉やスープ以外、現在、コックさんたちはアヒルの羽根や足などで100品以上のアヒル料理も発明し、北京ダックの名物料理となっているのは「全鴨席」と言う料理です。
 「中国を訪れて長城を見ていなければ好漢とはいえない、北京烤鴨を味わっていないのは大変残念であり訪れたかいがない」。北京を訪れた国内外の観光客の多くは、北京ダックを味わうことを、一つの楽しみにしています。北京ダックはますます有名になり、北京ダックを出すレストランもどんどん増えてきています。今、そんなに足を運ばなくても、美味しい北京ダックを食べることができるでしょう。
[PR]
by tianshu | 2006-08-10 10:23 | 翻訳の宿題
<< 「文芸春秋」200608から 《火绒草的二重奏》 ... >>